記事一覧

2023 東京新聞杯 レース結果・回顧と予想結果

第73回 東京新聞杯は三浦皇成騎手騎乗で
4番人気のウインカーネリアンが優勝。
先手を取ると、直線でも先頭をキープし、
追い込んだナミュールを
アタマ差振り切って優勝した。
勝ち時計は1分31秒8。

第73回 東京新聞杯
東京競馬場 芝1600M 4歳上G3 別定
2023 2月5日(日)1東京4 11R 15:45

G3 東京新聞杯600-300

2023 G3・東京新聞杯
レース結果と配当

レース結果

天候:晴 馬場:良

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 人気 オッズ 馬体重 通過順
1 1 2 ウインカーネリアン 牡6 58.0 三浦皇 1:31.8
34.7 4 9.5 518(+10) ①①
2 8 15 ナミュール 牝4 56.0 横山武 1:31.8 アタマ 34.0 2 3.7 448(0) ⑤⑤
3 8 16 プレサージュリフト 牝4 55.0 ルメー 1:31.9 クビ 33.7 6 12.1 484(+6) ⑧⑧
4 2 3 ジャスティンカフェ 牡5 57.0 福永祐 1:31.9 クビ 33.3 1 2.9 502(+4) ⑫⑬
5 7 14 エアロロノア 牡6 57.0 武豊 1:32.0 クビ 33.6 7 19.3 496(-6) ⑫⑩
6 3 6 マテンロウオリオン 牡4 57.0 横山典 1:32.2 1 34.2 8 23.2 484(-2) ⑥⑥
7 3 5 インダストリア 牡4 57.0 戸崎圭 1:32.3 1/2 33.9 5 9.9 506(+2) ⑩⑩
8 2 4 ピンハイ 牝4 55.0 坂井瑠 1:32.3 アタマ 34.1 3 8.7 406(-6) ⑧⑧
9 4 8 ファルコニア 牡6 58.0 吉田隼 1:32.3 ハナ 35.1 9 26.1 472(-2) ②②
10 4 7 タイムトゥヘヴン 牡5 58.0 大野拓 1:32.4 1/2 33.7 13 68.2 492(+8) ⑭⑬
11 1 1 プリンスリターン 牡6 57.0 横山和 1:32.4 クビ 34.9 14 74.2 464(+6) ③④
12 6 11 カイザーミノル 牡7 57.0 藤岡康 1:32.5 1/2 34.1 16 135.0 458(-4) ⑩⑩
13 5 10 ピースワンパラディ 牡7 57.0 菅原明 1:32.9 2 33.9 12 57.4 480(+4) ⑯⑯
14 7 13 サクラトゥジュール 牡6 57.0 田辺裕 1:32.9 アタマ 34.2 10 40.3 526(0) ⑭⑬
15 6 12 シュリ 牡7 57.0 津村明 1:33.1 1.1/4 35.8 15 75.3 512(-6) ③③
16 5 9 ショウナンマグマ 牡4 57.0 Mデム 1:33.2 1/2 35.2 11 47.8 524(+4) ⑥⑥

ラップタイムなど

1F 2F 3F 4F
12.3 10.8 11.3 11.4
前3F 34.4
前4F 45.8
5F 6F 7F 8F
11.3 11.0 11.6 12.1

後3F 34.7
後4F 46.0
1600M 1.31.8

3角(2,8)(1,12)-15(6,9)(4,16)(5,11)(3,14)(7,13)-10
4角(2,8)12,1,15(6,9)(4,16)(5,11,14)(3,7,13)10

2023 G3・東京新聞杯 レース映像
(YouTubeへのリンク)

JRAの公式動画は
JRAホームページ
「レース結果」からご覧ください。

配当

単勝 2 950円 4番人気
複勝 2 310円 4番人気
15 180円 2番人気
16 320円 6番人気
枠連 1 - 8 1,510円 6番人気
馬連 2 - 15 2,360円 8番人気
ワイド 2 - 15 930円 9番人気
2 - 16 1,970円 22番人気
15 - 16 730円 5番人気
馬単 2 - 15 5,290円 21番人気
3連複 2 - 15 - 16 8,120円 22番人気
3連単 2 - 15 - 16 45,900円 130番人気

2023 G3・東京新聞杯
レース回顧

スタートでピースワンパラディが出遅れた。
気合いを入れられてウインカーネリアンが内からハナへ。
ファルコニアも押っ付けられて前へ行き2番手。
1馬身差で3番手の内プリンスリターン、外にシュリ。
その後ろは先団勢でマテンロウオリオン、ナミュール、
それからショウナンマグマ。
差がなく中団の内ピンハイ、外プレサージュリフト。
2馬身差でカイザーミノル、インダストリア。
1馬身半差で後方の内にジャスティンカフェ、
並んでエアロロノア。
2馬身差でタイムトゥヘヴンとサクラトゥジュール。
5馬身差で最後方にピースワンパラディという隊列になった。

前半4F通過は45.8秒で平均的な流れ。
ウインカーネリアンは1馬身ほどのリードで
3~4コーナーの中間を通過。
ファルコニア、シュリががっちりとマークして4コーナーへ。
単独の4番手にプリンスリターン。
差がなくナミュールらが続き、その後ろから各馬も
最後の直線に入っていった。

ウインカーネリアンはラチ沿いに行き、
ファルコニアが並びかける。
内を狙ってマテンロウオリオンが脚を伸ばし、
馬場の中ほどからはナミュールが追い出されて伸びてきた。
ジャスティンカフェは後方のまま馬群に囲まれており、
進路を探していた。
残り200mでウインカーネリアンがファルコニアを
突き放してリード3馬身に広げる。
マテンロウオリオン、ナミュールが食い下がり、
それからプレサージュリフトとジャスティンカフェが
併せ馬でグイグイと伸びてきた。
しかし、先頭のウインカーネリアンが後続の追撃を
押さえ切って先頭でゴール。
2着にはナミュール。
3着にはプレサージュリフトが入った。

2023 G3・東京新聞杯 優勝馬
 ウインカーネリアン

牡6歳 鹿戸雄一厩舎(東)8-3-0-9

父 スクリーンヒーロー
母 コスモクリスタル

前走マイルCS(12着)で連勝が止まり、
今回は冬のレースだったが、
昨夏の関屋記念に続いて重賞2勝目を飾った。
昨日のレースを見る限り、内を通れる逃げ・先行馬に
とって走りやすそうな馬場状態だったのも大きかった印象だ。

2023 G3・東京新聞杯
ふうまの予想結果

  • ◎  3 ジャスティンカフェ
  • ○ 14 エアロロノア
  • ▲ 15 ナミュール
  • △ 16 プレサージュリフト
  • △  4 ピンハイ
  • △  8 ファルコニア

本命のジャスティンカフェは4着、
対抗のエアロロノアは5着、
単穴のナミュールは2着、
馬券は不的中でした。

その他のレースは

2023上半期 年間スケジュール

年間スケジュール300-60

から確認してください。

高評価の競馬予想サイトを探している方は
こちらの記事がおすすめ

厳選競馬予想サイト

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

楽天競馬

広告

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: