記事一覧

2021 天皇賞(春) レース結果・回顧と予想結果

< PR >

第163回 天皇賞春は福永祐一騎手騎乗で
3番人気のワールドプレミアが優勝。
中団からレースを進め、
直線で各馬を差し切った。
勝ち時計は3分14秒7。

第163回 天皇賞(春)
阪神競馬場 芝3200M 4歳上G1 定量
2021 5月2日(日)2阪神12 11R 15:40

G1天皇賞春600-300

2021 G1・天皇賞(春)
レース結果と配当

レース結果

天候:晴 馬場:良

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 人気 オッズ 馬体重 通過順
1 1 1 ワールドプレミア 牡5 58.0 福永祐 3:14.7
36.7 3 5.2 486(-2) ⑦⑦⑦④
2 6 12 ディープボンド 牡4 58.0 和田竜 3:14.8 3/4 37.1 1 3.6 502(0) ④③④③
3 2 3 カレンブーケドール 牝5 56.0 戸崎圭 3:15.2 2 37.7 4 7.3 480(+2) ③③②②
4 1 2 アリストテレス 牡4 58.0 ルメー 3:15.2 アタマ 37.3 2 3.8 474(-6) ⑥⑥⑤④
5 7 14 ウインマリリン 牝4 56.0 横山武 3:15.6 2.1/2 37.4 8 22.7 462(+6) ⑦⑧⑨⑥
6 3 5 ディアスティマ 牡4 58.0 坂井瑠 3:15.6 クビ 38.3 7 12.6 488(-10) ①①①①
7 4 7 ユーキャンスマイル 牡6 58.0 藤岡佑 3:16.2 3.1/2 37.8 5 12.0 510(0) ⑮⑮⑭⑪
8 3 6 マカヒキ 牡8 58.0 藤岡康 3:16.5 2 38.3 12 98.4 504(+2) ⑪⑪⑦⑦
9 7 13 ナムラドノヴァン 牡6 58.0 内田博 3:16.6 1/2 38.1 11 67.1 492(0) ⑭⑭⑬⑪
10 8 17 オーソリティ 牡4 58.0 川田将 3:16.7 クビ 38.4 6 12.2 506(-4) ⑪⑪⑩⑦
11 8 16 メロディーレーン 牝5 56.0 池添謙 3:17.4 4 38.5 16 154.9 342(-4) ⑬⑬⑭⑯
12 5 10 ゴースト セ5 58.0 鮫島克 3:17.5 1/2 38.9 14 142.1 496(0) ⑨⑩⑩⑭
13 8 15 オセアグレイト 牡5 58.0 横山典 3:17.5 クビ 39.0 9 41.2 496(0) ⑰⑰⑭⑪
14 6 11 メイショウテンゲン 牡5 58.0 酒井学 3:18.1 3.1/2 39.4 13 126.5 470(+2) ⑨⑧⑩⑭
15 4 8 ディバインフォース 牡5 58.0 武豊 3:18.1 ハナ 39.0 10 45.2 460(-8) ⑯⑯⑰⑰
16 2 4 シロニイ 牡7 58.0 松若風 3:18.4 1.3/4 40.3 17 182.3 502(-4) ④⑤⑤⑦
17 5 9 ジャコマル 牡7 58.0 横山和 3:19.6 7 41.6 15 153.9 464(-4) ②②③⑦

       <PR>

ラップタイムなど

1F 2F 3F 4F 5F 6F
12.8 11.3 11.7 11.9 12.1 11.9
前3F 35.8


前5F 59.8
7F 8F 9F 10F 11F
11.8 12.1 13.1 12.6 12.1
12F 13F 14F 15F 16F
12.0 11.9 12.1 12.3 13.0


後3F 37.4
後5F 61.3
3200M 3.14.7

1角 5,9,3(4,12)-2-(1,14)(11,10)-(6,17)16,13-7,8,15
2角 5,9(3,12)4,2-1(11,14)10(6,17)-16,13-7,8-15
3角 5,3,9,12(4,2)(6,1)14(11,10,17)13(7,16,15)-8
4角 (5,3)12(2,1)14(4,9,6,17)(7,13,15)(11,10)16,8

2021 G1・天皇賞(春) レース映像
(YouTubeへのリンク)

JRAの公式動画は
JRAホームページ
「レース結果」からご覧ください。

配当

単勝 1 520円 3番人気
複勝 1 160円 2番人気
12 150円 1番人気
3 200円 4番人気
枠連 1 - 6 470円 1番人気
馬連 1 - 12 940円 2番人気
ワイド 1 - 12 360円 1番人気
1 - 3 500円 4番人気
3 - 12 530円 5番人気
馬単 1 - 12 2,220円 5番人気
3連複 1 - 3 - 12 2,040円 2番人気
3連単 1 - 12 - 3 11,490円 15番人気

       <PR>

       <PR>

2021 G1・天皇賞(春)
レース回顧

スタートはオセアグレイトの出だしが良くなかった。
ディアスティマがやや押して前へ。
ジャコマルがそれに競りかけていった。
3番手にカレンブーケドール、シロニイ、
外からディープボンドが行き並んで追走。
その後ろはゴースト、アリストテレス、
ウインマリリン、ワールドプレミアと人気どころが
先団から中団にかけて続いた。
その後ろはメイショウテンゲン。
2馬身差でメロディーレーンとマカヒキ。
さらに2馬身差でポツンとオーソリティ。
その後ろは4馬身切れて後方からユーキャンスマイル、
ナムラドノヴァン、ディバインフォースという隊列。
さらに3馬身差の最後方からオセアグレイトという隊列になった。

ディアスティマは1馬身ほどのリードを取り、
単独の先頭で1周目のスタンド前直線へ。
前半5F通過は59.8秒と速かった。
ただ、後続は縦長の隊列ながら淡々とした雰囲気で追走。
カレンブーケドールが2番手に上がり、その後ろにはディープボンド。
それらを見ながらアリストテレスが続き、
3馬身開いてワールドプレミアが追走した。

2周目の向正面に入ってもディアスティマが先頭。
ジャコマルが2番手を奪い返したが、先団の動きはあまりなかった。
ただ、中団から後方にかけては縦に隊列が開き、
先頭との差が徐々についた。
3コーナー手前から先団各馬にやや動きが出た。
ジョッキーが促しながらスパートを開始。
1、2番手の馬の手ごたえは変わらなかったが、
ディープボンドやワールドプレミアは手綱が動いた。
4コーナー手前からは押っ付けられながら
外を回ってスパートして、最後の直線に入った。

ディアスティマとカレンブーケドールが並んで最後の直線へ。
カレンブーケドールの手ごたえが良く、
馬場の2分どころから先頭に躍り出ようとした。
それに対しディープボンドとワールドプレミアが外から接近。
残り200mあたりでは前に4頭ほどが並んでの追い比べとなった。
各馬が懸命に坂を駆け上がったが、
外のワールドプレミアの脚色が一番いい。
ディープボンドが2番手に上がりさらに食い下がったが、
ワールドプレミアが追撃を押さえ切り先頭でゴールを果たした。

       <PR>

2021 G1・天皇賞(春) 優勝馬
 ワールドプレミア

牡5歳 友道康夫厩舎(西)4-1-4-2

父 ディープインパクト
母 マンデラ

馬場は回復して早朝に稍重から良に変わった。
勝ち時計も2月の松籟Sを0.2秒更新するレコードとなった。
しかし、レースの流れは全体的にタフで、
レースの後半800mは49.3秒、600mは37.4秒と上がりがかかった。
そんな中、ワールドプレミアがメンバー中
最速となる上がり3ハロン36秒7の末脚で差し切った。
ディアスティマとカレンブーケドールが
持ったままで4コーナーを回ったのに対し、
ワールドプレミアとディープボンドは手綱が動いたが、
最後はこの2頭の競り合いになった。
長距離戦らしくスタミナが問われる好レースだった。

       <PR>

2021 G1・天皇賞(春)
ふうまの予想結果

  • ◎ 12 ディープボンド
  • ○  2 アリストテレス
  • ▲  5 ディアスティマ
  • △  7 ユーキャンスマイル
  • △  1 ワールドプレミア
  • △ 17 オーソリティ

本命のディープボンドは2着、
対抗のアリストテレスは4着、
単穴のディアスティマは6着、
馬券は馬連940円は的中していますが、三連単は不的中でした。

その他のレースは

2021上半期 年間スケジュール

年間スケジュール300-60

から確認してください。

高評価の競馬予想サイトを探している方は
こちらの記事がおすすめ

厳選競馬予想サイト

       <PR>

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

楽天競馬

広告

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: