記事一覧

2021 マイラーズカップ レース結果・回顧と予想結果

< PR >

第52回マイラーズCは古川吉洋騎手騎乗で
2番人気のケイデンスコールが優勝。
中団でレースを進め、直線で外から差し切った。
勝ち時計は1分31秒4。

第52回 読売マイラーズカップ
阪神競馬場 芝外1600M 4歳上G2 別定
2021 4月25日(日)2阪神10 11R 15:35

G2マイラーズカップ600-300

2021 G2・マイラーズカップ
レース結果と配当

レース結果

天候:晴 馬場:良

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 人気 オッズ 馬体重 通過順
1 3 5 ケイデンスコール 牡5 56.0 古川吉 1:31.4
33.8 2 5.2 470(-2) ⑧⑧
2 3 6 アルジャンナ 牡4 56.0 福永祐 1:31.6 1.1/4 33.7 3 5.8 466(-6) ⑩⑩
3 2 4 カイザーミノル 牡5 56.0 荻野極 1:31.6 ハナ 34.6 9 27.6 470(+2) ④④
4 4 8 ダイワキャグニー セ7 56.0 幸英明 1:31.6 アタマ 34.5 11 34.7 494(-6) ⑤⑤
5 5 10 エアロロノア 牡4 56.0 池添謙 1:31.6 クビ 33.8 1 2.7 498(0) ⑩⑩
6 7 14 ザイツィンガー 牡5 56.0 北村友 1:31.7 1/2 34.5 12 71.1 430(0) ⑤⑤
7 8 16 ギベオン 牡6 57.0 西村淳 1:31.8 クビ 34.4 6 14.4 512(+4) ⑦⑦
8 1 2 エアスピネル 牡8 56.0 鮫島克 1:31.9 3/4 34.2 4 7.1 488(0) ⑧⑧
9 7 13 ワールドウインズ セ4 56.0 藤岡康 1:31.9 ハナ 33.9 10 34.3 456(-4) ⑫⑫
10 6 11 ブラックムーン 牡9 56.0 団野大 1:32.2 2 33.8 15 127.4 496(-2) ⑮⑮
11 6 12 ラセット 牡6 56.0 秋山真 1:32.2 アタマ 34.1 5 14.2 494(+2) ⑭⑭
12 4 7 ボンセルヴィーソ 牡7 56.0 松若風 1:32.3 クビ 35.5 7 16.9 480(-4) ③③
13 5 9 ルフトシュトローム 牡4 56.0 岩田望 1:32.4 1/2 34.4 8 21.1 492(-14) ⑫⑫
14 8 15 フォックスクリーク 牡6 56.0 藤岡佑 1:33.1 4 36.6 14 110.8 482(0) ②②
15 1 1 ベステンダンク 牡9 56.0 浜中俊 1:33.2 1/2 37.4 13 91.3 526(+8) ①①
除外 2 3 パンサラッサ 牡4 56.0 坂井瑠




476(+6)

       <PR>

ラップタイムなど

1F 2F 3F 4F
12.5 10.2 10.6 11.2
前3F 33.3
前4F 44.5
5F 6F 7F 8F
11.3 11.2 12.3 12.1

後3F 35.6
後4F 46.9
1600M 1.31.4

3角 (1,15)-7,4(14,8)16-(2,5)(6,10)(13,9)12-11 3
4角 1-15,7,4(14,8)16(2,5)(6,10)(13,9)12,11 3

2021 G2・マイラーズカップ レース映像
(YouTubeへのリンク)

JRAの公式動画は
JRAホームページ
「レース結果」からご覧ください。

配当

単勝 5 520円 2番人気
複勝 5 190円 2番人気
6 210円 3番人気
4 630円 9番人気
枠連 3 - 3 1,570円 6番人気
馬連 5 - 6 1,580円 5番人気
ワイド 5 - 6 710円 5番人気
4 - 5 2,360円 26番人気
4 - 6 3,100円 32番人気
馬単 5 - 6 3,100円 8番人気
3連複 4 - 5 - 6 18,540円 56番人気
3連単 5 - 6 - 4 82,220円 255番人気

       <PR>

       <PR>

2021 G2・マイラーズカップ
レース回顧

スタートはルフトシュトロームのタイミングがやや合わなかった。
最内からベステンダンクが飛び出したが、
外からフォックスクリークが押して押して競りかけていった。
4馬身切れて3番手にボンセルヴィーソとカイザーミノル。
2馬身差でザイツィンガーとダイワキャグニーが並んで追走。
3馬身差の中団にポツンとギベオン。
3馬身切れてエアスピネルとケイデンスコールが並んだ。
1馬身半差でエアロロノア、半馬身差でアルジャンナ。
それから後方集団にかけてワールドウインズ、
ルフトシュトローム、ラセット。
3馬身差で最後方からブラックムーンという隊列になった。

前半4F通過は44.5秒で速いペース。
結局、ベステンダンクが単騎で先頭に立って
軽快に飛ばし、リードを4、5馬身に広げて残り600mを通過した。
2番手に控えたフォックスクリーク。
3番手はボンセルヴィーソで、その後ろの集団は
比較的かたまった状態で4コーナーをカーブし、最後の直線に入った。

ベステンダンクはリードを4馬身保って懸命の伸び。
フォックスクリークは後退したが、
2列目集団は馬場の4分どころでかたまり追い比べを演じた。
残り200m手前でベステンダンクの脚色が急に怪しくなり後退。
カイザーミノルやザイツィンガーらが
横一線に並んで先頭に立った。
しかし、外からケイデンスコールがいい伸び脚をみせ、
グングン伸びて坂を駆け上がると差し切り先頭へ。
エアロロノアやアルジャンナも懸命に伸びてきたが、
ケイデンスコールが追撃を押さえ切って先頭でゴールした。
2着争いは際どく、アルジャンナがカイザーミノルとの競り合いに先着した。

       <PR>

2021 G2・マイラーズカップ 優勝馬
 ケイデンスコール

牡5歳 安田隆行厩舎(西)4-3-0-10

父 ロードカナロア
母 インダクティ

中団で落ちつき、見ていても安心できるレース運びだった。
ペースが速かったこともあるが、
最後の直線は鮮やかな差し脚だった。
前走の中山記念(2着)も立派な競馬で、
完全に復調・本格化したとみていいだろう。
次走はおそらく安田記念になりそう。
相手は強くなるが、今の出来ならば十分期待が持てるだろう。

       <PR>

2021 G2・マイラーズカップ
ふうまの予想結果

  • ◎ 10 エアロロノア
  • ○  6 アルジャンナ
  • ▲  5 ケイデンスコール
  • △  4 カイザーミノル
  • △  7 ボンセルヴィーソ
  • △ 12 ラセット

本命のエアロロノアは5着、
対抗のアルジャンナは2着、
単穴のケイデンスコールは1着、
馬券は馬連1,580円は的中していますが、三連単は不的中でした。

その他のレースは

2021上半期 年間スケジュール

年間スケジュール300-60

から確認してください。

高評価の競馬予想サイトを探している方は
こちらの記事がおすすめ

厳選競馬予想サイト

       <PR>

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

楽天競馬

広告

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: