記事一覧

2021 東京新聞杯 レース結果・回顧と予想結果

< PR >

第71回 東京新聞杯は菅原明良騎手騎乗で
5番人気のカラテが優勝。
好位でレースを進め、直線で窮屈な
ところから進路を取り、外のカテドラルとの
競り合いをアタマ差制し優勝した。
勝ち時計は1分32秒4。

第71回 東京新聞杯
東京競馬場 芝1600M 4歳上G3 別定
2021 2月7日(日)1東京4 11R 15:45

G3 東京新聞杯600-300

2021 G3・東京新聞杯
レース結果と配当

レース結果

天候:晴 馬場:良

着順 枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 人気 オッズ 馬体重 通過順
1 5 10 カラテ 牡5 56.0 菅原明 1:32.4
34.0 5 11.6 530(+2) ⑤④
2 2 4 カテドラル 牡5 56.0 田辺裕 1:32.4 アタマ 33.5 12 34.2 488(-2) ⑩⑩
3 6 11 シャドウディーヴァ 牝5 54.0 岩田康 1:32.6 1.1/4 33.6 3 7.2 480(+2) ⑩⑩
4 7 13 ヴァンドギャルド 牡5 57.0 福永祐 1:32.7 1/2 34.2 1 2.7 478(+4) ⑥⑥
5 3 5 トライン 牡6 56.0 横山典 1:32.8 1/2 34.4 8 23.2 460(+4) ④④
6 8 16 サトノインプレッサ 牡4 56.0 戸崎圭 1:32.9 1/2 34.2 9 24.2 476(-2) ⑧⑦
7 6 12 トリプルエース 牡4 56.0 ルメー 1:32.9 クビ 34.7 2 4.6 506(+2) ②②
8 5 9 サトノアーサー 牡7 57.0 坂井瑠 1:33.0 1 33.5 11 32.9 482(-18) ⑭⑭
9 1 2 サトノウィザード 牡5 56.0 鮫島良 1:33.1 1/2 33.6 4 8.6 494(+4) ⑮⑭
10 3 6 プロディガルサン 牡8 56.0 藤岡佑 1:33.1 ハナ 33.3 14 151.9 524(+22) ⑯⑯
11 7 14 エントシャイデン 牡6 56.0 川須栄 1:33.3 1 34.1 7 20.6 480(-8) ⑫⑫
12 2 3 ロードマイウェイ 牡5 57.0 横山武 1:33.5 1 34.3 10 28.7 476(-6) ⑬⑫
13 4 8 ニシノデイジー 牡5 56.0 勝浦正 1:33.5 クビ 34.9 13 68.7 494(+4) ⑥⑦
14 1 1 ダイワキャグニー セ7 58.0 内田博 1:33.6 3/4 35.5 6 12.9 500(-2) ①①
15 4 7 ショウナンライズ 牡8 56.0 大野拓 1:33.6 ハナ 35.0 16 450.8 478(-2) ⑧⑦
16 8 15 エメラルファイト 牡5 56.0 石川裕 1:33.7 クビ 35.5 15 297.0 470(0) ②②

       <PR>

ラップタイムなど

1F 2F 3F 4F
12.3 11.2 11.4 11.7
前3F 34.9
前4F 46.6
5F 6F 7F 8F
11.5 11.2 11.6 11.5

後3F 34.3
後4F 45.8
1600M 1.32.4

3角 1(12,15)5,10(8,13)(7,16)(4,11)14,3,9,2,6
4角 1(12,15)(5,10)13(8,7,16)(4,11)(14,3)-(9,2)6

2021 G3・東京新聞杯 レース映像
(YouTubeへのリンク)

JRAの公式動画は
JRAホームページ
「レース結果」からご覧ください。

配当

単勝 10 1,160円 5番人気
複勝 10 380円 6番人気
4 740円 12番人気
11 240円 3番人気
枠連 2 - 5 5,340円 18番人気
馬連 4 - 10 26,740円 61番人気
ワイド 4 - 10 6,430円 60番人気
10 - 11 1,380円 17番人気
4 - 11 2,860円 35番人気
馬単 10 - 4 43,140円 110番人気
3連複 4 - 10 - 11 45,560円 136番人気
3連単 10 - 4 - 11 267,610円 770番人気

       <PR>

       <PR>

2021 G3・東京新聞杯
レース回顧

スタートでサトノウィザードとエントシャイデンが出遅れた。
押してダイワキャグニーがハナへ。
外からトリプルエースも先行して2番手へ。
1馬身差でエメラルファイトとカラテ、トラインが先団を形成。
その後ろからヴァンドギャルドが続き、
ショウナンライズ、ニシノデイジーとともに並んで中団。
さらにサトノインプレッサ、シャドウディーヴァ、
カテドラルと続き、エントシャイデンは後方から5番手まで挽回。
その後ろはロードマイウェイ、サトノアーサー、サトノウィザード。
3馬身切れた最後方からプロディガルサンという隊列になった。

前半4F通過は46.6秒でゆったりとしたペース。
ダイワキャグニーのリードは1馬身ほど。
トリプルエースが2番手でピッタリとマークして4コーナーをカーブ。
トラインとカラテが続き、ヴァンドギャルドは
動きやすい外めから4コーナーをカーブして
最後の直線に入っていった。

先頭はダイワキャグニーだが残り400mでは、
トリプルエースとエメラルファイトが先頭にほぼ並んだ。
馬場の3分どころからはヴァンドギャルドが迫り、
それより外めの後ろからはカテドラルと
シャドウディーヴァが併せ馬で末脚を伸ばしてきた。

残り200mでダイワキャグニーが後退し、
トリプルエースが先頭へ。
しかし、横一線となった2列目の競り合いから
ヴァンドギャルドを交わしてカラテがグイグイと伸びてきた。
外からカテドラルとシャドウディーヴァもしぶとい伸び。
ゴール手前からはカラテとカテドラルが
併せ馬となり、最後まで激しい競り合いとなったが
内のカラテが先着して先頭でゴール。
3着にはシャドウディーヴァが入った。

       <PR>

2021 G3・東京新聞杯 優勝馬
 カラテ

牡5歳 高橋祥泰厩舎(東)5-0-0-18

父 トゥザグローリー
母 レディーノパンチ

中山芝1600mで行われた2勝クラスの
平場戦→3勝クラスの若潮賞と連勝してここに挑み、
今回3連勝で重賞初制覇となった。
勢いだけでなくここにきてかなり力をつけており、
今回は白熱の追い比べを制した。
鞍上の菅原明良騎手にとってもJRA重賞初制覇。
レースの流れにしっかりと前目で乗り、
最後の直線はうまく外に出す見事な騎乗だった。
人馬ともに今後の活躍も楽しみだ。

       <PR>

2021 G3・東京新聞杯
ふうまの予想結果

  • ◎  1 ダイワキャグニー
  • ○ 13 ヴァンドギャルド
  • ▲ 10 カラテ
  • △  2 サトノウィザード
  • △ 11 シャドウディーヴァ
  • △  9 サトノアーサー

本命のダイワキャグニーは14着、
対抗のヴァンドギャルドは4着、
単穴のカラテは1着、
馬券は不的中でした。

その他のレースは

2021上半期 年間スケジュール

年間スケジュール300-60

から確認してください。

高評価の競馬予想サイトを探している方は
こちらの記事がおすすめ

厳選競馬予想サイト

       <PR>

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

楽天競馬

広告

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: